自分で出来ちゃう不妊治療の情報が満載!ママを目指す人の応援サイト

不妊症の定義

不妊症は、女性が聞くと不安を感じるワードではないでしょうか。

近年の晩婚化が進んだことにより、不妊症関連のニュースや治療法など様々なメディアなどで取り上げられるようになりました。

子供が欲しいのに子供ができない状況は、経験している人もしていない人にとっても精神的に追い詰められてしまうような心持ちになってしまうことが想像しやすいと思います。

不妊症とは、どういう状況を指すのでしょうか。

不妊症の定義は、健康な男女が避妊せずに性行しているにも関わらず、1年以上妊娠しない状況を指します。
その為、3年や5年も経っても子供ができないので相談される方も多いと思いますが、意外にも1年という短い期間に妊娠できなければ、不妊症に当たるのです。

原因としては主にふたつあります。
加齢
晩婚化は男性にとっても女性にとっても性器の機能が低下した状態が多い中での性行になります。
その為、卵子や精子を生み出せる数が少なくなるため、必然的に妊娠の確率も下がってしまいます。

20代の健康な男女が避妊なしに1年通して性行した場合の妊娠の確率は90%と言われています。
2年であれば95%と増えます。
そのくらい年齢が若ければ不妊の不安はないに等しいくらい、加齢とは大きく関係しています。
性器の問題
女性の場合

受精卵の元となる卵胞が卵管に向かって飛び出てくる排卵という機能が正しく作用しなければ、妊娠ができません。
また、その卵管が卵管炎などが発症し、卵管の内側が極端に細くなる、若しくは閉じてしまっているような状況であれば、精子を受け入れることも出来ないし、卵胞が卵管を通れないため受精卵ができません。
そして、受精卵ができたとしても、子宮内膜症などが発症していれば、受精卵が着床する為の膜が子宮内で作られないため、妊娠に至ることができません。
またまれに精子を外敵であるウィルスと見なして攻撃してしまう為、受精卵が体内で作れないという場合もあります。

男性の場合

精子の量が足りなかったり、運動量が足りないと、卵胞と出会えないまま死滅してしまう割合が更に高まります。
1回の射精で1~4億もの精子が膣に入り、卵管へ向かって自力で運動しますが、実際卵管にまで辿り着ける割合は1%ほどです。
99%は死滅してしまう可能性が高いと言われています。
その為、精子量と運動量は多いほどに妊娠させる確率が高まります。
また、精巣上体炎などで精子が通る管が詰まってしまう場合があります。
その場合も射精ができない為、妊娠は難しい状況です。
そして、精神的なプレッシャーからEDになってしまう場合もある為、性行自体が難しくなる場合もあります。


このように加齢と機能低下による不妊は、30代から治療をすることで改善に向かいます。
不妊かどうかに悩む前に、自身の年齢を照らし合わせて、即治療を始めた方がよいでしょう。

不妊は夫婦の問題のみならず、今後日本を支える子供たちにも影響します。
次は、不妊症がもたらす少子化問題、少子化を防ぐための方法について考察していきます。

少子化と不妊

数年前からニュースで少子化が問題となっていますが、それには様々な要因が挙げられます。
主要な要因として挙げられるのが以下の3点です。

①収入の低下による共働きがもたらす経済的&時間的な余裕の無さ
②結婚をする人が減少したこと
③晩婚化による妊娠機能の低下

1番目は景気や政治により改善できる内容ですが、3番目については身体機能の低下によるもののためどうしようもないものです。
しかし、近年はこの問題も解決できるようになりました。

それが排卵誘発剤を利用した不妊治療です。

そもそも年齢を重ねると何故妊娠しなくなるかというと、女性ホルモンが低下することで排卵されにくい体になることが原因です。
排卵されなければ受精することは不可能ですので妊娠することもありません。
ところが、クロミッドと呼ばれる排卵誘発剤を利用することにより、排卵を促すことができるのです。

従来の不妊治療は治療費が高額だったため、治療を受けたくても受けられない方が多くいらっしゃいました。
しかしクロミッドによる不妊治療の場合、その治療費は従来の治療とは比べて圧倒的に安価に収まります。

臨床試験の結果では、70%以上の女性に効果があり排卵率を向上させるという驚きの効果を挙げており、その効果は折り紙つきです。

また、クロミッドにはフェルトミッドと呼ばれるジェネリック医薬品があり、こちらは更に安価に購入できるため、人気を博しているようです。

近年はアサラーと呼ばれる30歳前後になってから婚活を開始する方や、40歳を過ぎてから結婚、再婚する方が増えており、日本国内の晩婚化は進む一方です。

年齢が20代であろうと40歳、50歳を過ぎていようと、愛した相手との子供を欲しいと考えることは普通のことです。
出会うタイミングが遅かったから諦めるしかないというのはあまりに残酷ではないでしょうか。

このままでは晩婚化とともに日本の少子高齢化は進む一方です。
しかし、こうした排卵誘発剤による治療を普及させることが、少子化を改善する道に繋がるのです。

上に紹介したクロミッドは現在、病院に行かずとも個人輸入代行の通販サイトで簡単に手に入れることができます。

気になった方は今すぐチェックしてみてください。
クロミッドについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。