少子化と不妊治療

数年前からニュースで少子化が問題となっていますが、様々な要因が挙げられます。
収入の低下による共働きにより経済的・時間的な余裕の無さ、結婚をする人が減少したこと、結婚の晩婚化による妊娠機能の低下などが主要な要因として挙げられます。
1番目は景気・政治により改善できる内容ですが、3番目については身体機能の低下によるもののためどうしようもないものです。

しかし、近年はこの問題も解決できるようになりました。
それが排卵誘発剤を利用した不妊治療です。
そもそも年齢を重ねると何故妊娠しなくなるかというと、女性ホルモンが低下することで排卵されにくい体になることが原因です。
排卵されなければ受精することは不可能ですので妊娠することもありません。
ところが、クロミッドと呼ばれる排卵誘発剤を利用することにより、排卵を促すことができるのです。

従来の不妊治療は治療費が高額だったため、治療を受けたくても受けられない方が多かったと聞きます。
しかしクロミッドによる不妊治療の場合、その治療費は従来の治療とは比べて圧倒的に安価に収まります。
また、臨床試験の結果では、70%以上の女性に効果があり排卵率を向上させるという驚きの効果を挙げており、その効果は折り紙つきです。
また、クロミッドにはフェルトミッドと呼ばれるジェネリック医薬品があり、こちらは更に安価に購入できるため、人気を博しているようです。

近年はアサラーと呼ばれる30歳前後になってから婚活を開始する方や、40歳を過ぎてから結婚・再婚する方が増えており、日本国内の晩婚化は進む一方です。
年齢が20代であろうと40歳、50歳を過ぎていようと、愛した相手との子供を欲しいと考えることは普通のことです。
しかし、出会うタイミングが遅かったから諦めるしかないというのはあまりに残酷ではないでしょうか。

このままでは晩婚化とともに日本の少子高齢化は進む一方ですので、政治・経済に頼るだけでなく、こうした治療を普及させることでも少子化を改善させていくべきではないでしょうか。

個人輸入代行サイト

排卵誘発剤のクロミッドを通販で購入する|お薬なび