自分で出来ちゃう不妊治療の情報が満載!ママを目指す人の応援サイト

フェルトミッドとは

病院での不妊治療は自己負担する額が高いと言われています。
検査にかかる費用と治療にかかる費用があるからです。

まず検査が高い理由としては、保険が適用できない検査があるからです。
保険が使えない検査には自分で負担しなければなりません。

検査は一度で終わるものではないので、治療回数を考えると非常に割高なものとなっています。

また、治療はもっと高額になり、薬の値段なども非常に高くなっています。
お金のために新しい命を誕生させることを断念しなければいけないケースも少なくありません。

そこでまず病院で処方してもらえる薬の簡単な説明と、自宅でも不妊治療でき、効き目や効果がほとんど一緒であるジェネリックについて紹介します。

病院で処方してもらえるクロミッドとは、排卵のない人に対し有効なお薬で、きちんと排卵させることや複数回の排卵を促してくれ、妊娠する確率を上げる働きがあります。
活発な卵巣が多ければ多いほど、妊娠もしやすくなるので、結果として妊娠を助けてくれます。

おくすりを使うと妊娠する確立は、10%から30%ほどあがると言われています。

ここできちんと理解して欲しいのは、何らかの理由で妊娠することができない、またはしにくい人が服用するお薬なので、必ずしも良い結果が出るとは限らないということです。
お薬だけでは妊娠しないことも多く、そういった場合には、ホルモン注射などをし、ホルモンの量を増やさなければなりません。

ホルモンを追加しても、効果があらわれない場合に最後の手段として人工授精を行います。
しかし、この治療も値段がバラバラなので金額が非常に高くなってしまう場合が多いです。

そこで、少しでも費用負担額を減らすために、クロミッドのジェネリックであるフェルトミッドを使えばお薬の費用を安く抑えることができます。

フェルトミッドとは、同じ様に排卵誘発剤であり、妊娠する確率をあげてくれます。

副作用は少なく、軽いもので、頭痛や腹痛などが挙げられます。

インターネットなどでも購入でき、自宅で安く、簡単に治療することができるお薬です。

不妊治療は1回の治療で必ず結果が出るという保証はありません。
回数をかけて治療に専念しなければならないですし、そうなると出費も考えていたものより多くなります。

少しでも負担を減らしたい方は、フェルトミッドの使用をおすすめします。